【妻編】浮気をしている事がわかったら対策はどうする?


10年以上も前にあの有名トレンディ俳優が発した
「不倫は文化」の言葉があまりにも有名ですね。

 

悲しいことにその言葉の通り、配偶者が
いるにも関わらず別の女性と“浮気”してしまう
夫は今でも多くいるようです。

 

出来れば自分の夫には浮気なんて
してほしくないのはもちろんですが、

 

もしも実際に夫が浮気していたら
どうすればいいのでしょうか?



早めに別れさせる!

600x399xa0002_006969_m-e1402118525712.jpg.pagespeed.ic.GMz4F3fHgA

もし夫の浮気を無くして今後も良い夫婦関係を
継続したいなら、とにかく早い内に浮気相手と
別れさせるよう行動する必要があります。

 

少しくらいの浮気は目をつむるのが
夫婦が長続きするコツ、なんて言う
意見もありますが実際には
そうではない場合も多々あります。

 

夫に対して愛情があり浮気を許せない
気持ちがあるなら早い内に止めるべきです。

 

既に夫への気持ちが冷めているとか
無関心であるとか夫の浮気に本当に
興味がないようでしたら世間体や家族、
夫の収入面などを優先していわゆる
“仮面夫婦”を継続するのももちろん一つの手段です。

 

ですが、浮気を容認して仮面夫婦を
覚悟したとしてももしかしたら浮気相手が
夫の子を妊娠したり長い付き合いになるに連れて
離婚を決意してしまうことだって考えられます。

 

妻側の希望とは反して、向こうから
離婚を切り出されてしまうかもしれないのです。

 

いずれにせよ、関係が長引けば長引くほど
悪い方向に進む場合が大きいです。

 

というわけで、
浮気していることを知ったら泣き寝入り
しないで出来るだけ早く動き出しましょう。

 

証拠を確保する

drive-recorder

まずやるべきことは、“浮気している”という
証拠を確保することです。

 

浮気を疑った段階で問い詰めてしまうと、
浮に関して準備周到な相手なら
上手くごまかされてしまうことがあります。

 

あるいは、2人で話している際は
浮気を認めていたくせにいざ本格的な
離婚協議になると浮気関係を
否定するということもあります。

 

具体的な浮気の追求や離婚話は
証拠が集まっていない内から
進めないように気を付けましょう。

 

証拠を集めるとすれば
以下のような方法が考えられます。

 携帯の確認

レシートの確認

 カード明細の確認

スケジュールの確認

探偵事務所への依頼

証拠を集めていることを夫に勘づかれないように
こっそりと進めましょう。

 

そして、証拠集めを始めてもなかなか
証拠が無い場合は本当は浮気していなかった
ということもあるでしょう。

 

調べてみた結果、浮気の証拠が
出てこないようなら「浮気していなかったんだな」
と納得して、深追いしないことも重要です。

 

別れたくない場合は!?

hurinn-wakaretakunai

浮気しているとわかっても、
夫との離婚は考えられない
という場合はどうしたらいいのでしょう?

 

夫には浮気を反省させ、夫と浮気相手を
別れさせ、二度と浮気をしないように
働きかけなくてはいけません。

 

夫の浮気に気付いたときとても
悲しい思いをするかもしれません。

また、あまりにもショックすぎて何も
言えなくなってしまうかもしれません。

 

ですが、
浮気をしてしまった夫に対してはきちんと
「叱る」「怒る」ということが重要です。

夫婦はお互いに貞操義務があります。

 

これを裏切る不倫、浮気
つまり「不貞行為」は
まぎれもなく“悪いこと”です。

 

「なんてことをしてくれたの!」と、
子どもが窃盗、万引きをしたときのように
「浮気は罪、とても悪いことである」
と理解させるため、
きっちり叱るべきと言えるでしょう。

 

「浮気されたことがとても辛かった」
「次は絶対に許さない」などとして、
自分の気持ちを冷静に伝えるのも
夫の心に響きやすいでしょう。

 

妻が夫に対して無関心であるとか、
あまり◯ッ◯スに応じないなど、

妻側にも何かしらの原因があって
浮気してしまったようなら、
妻自身も夫への態度や言動を
見直すことで、それ以降の浮気を
阻止することだってできるかもしれません。

 

別れたい場合は!?

ORG

浮気をされたことが許せず、
これ以上夫と一緒に生活することが
苦しいという場合は、
離婚するという選択もあります。

 

浮気、不倫によって離婚する場合は
慰謝料を請求することができますので
まずは弁護士に相談するのが良いでしょう。

 

共働きで充分な稼ぎがある妻なら
とにかくすぐに離婚!ということでも
問題ないのでしょうが、

専業主婦など生活力が低い妻は特に、
今後の生活のため出来るだけ
多くの慰謝料をとる必要があるでしょう。

 

子どもがいる場合は養育費についても
考えなくてはなりません。

 

ここは法律のプロに相談しておくのが
ベストと言えます。

 

離婚するためにどうすればいいか、
慰謝料、養育費はどれくらい請求できるかなど
事前に相談しておくと良いでしょう。

 

離婚協議に入る前から、
少しずつへそくりを増やしておくのも
現実的な手段です。

なんと結婚している男性の半数は
何かしらの浮気を経験したことがある
というデータもあるそうです。

 

それほどまでに夫の浮気って
身近に起こりうるトラブルなのです。

 

もしも自分が夫の浮気に出くわしてしまっても、
出来るだけ焦らずに、冷静に、
今後どうしていくべきか考えてみてくださいね。


コメントを残す